• ウェブサイト制作・管理/ウェブ活用サポート・指導

    こんぐです(^^♪

    昨日、スーパーでお買い物をしていた時のことです。

    鶏肉の売り場で、物色していると、年配の女性に声を掛けられました。

    「どれが健康に良い鶏肉かね~?!」と。

    その女性は、NHKのテレビ番組で、鶏肉は部位によって栄養価が違うということを知ったらしく、どの部位が体にいいのかと、鶏肉売り場の前で迷っていたようです。

    「筋トレにもいい!って言ってたんだけどね。」
    というお話しだったので、私は自分も手にしていた「むね肉」を、おススメしました。

    「もも肉は、脂が多くておいしいけど、むね肉の方がヘルシーでたんぱく質も多い」とかって、説明したような気がします。

    理解してもらったかわかりませんが、喜んでむね肉をカゴに入れていたので、私の思いは伝わったカナ。。

    そんなことがあって、もう30年以上も前の、私が新米主婦だった頃、同じようにスーパーで年配の女性に声を掛けられた時のことを思い出しました。

    その時は、牛乳売り場。

    年配の女性は、高脂肪牛乳と低脂肪牛乳を手に取って、どっちが美味しいか?って、聞いてきたんです。

    まだまだ若かった私は、あまり年配の方と話しをする機会もなく、どう説明していいのか戸惑いながら。。。

    「こっちは乳脂肪が〇〇%で、こっちは△△%だから…」
    なんて、説明していると、

    通りがかりの先輩主婦が、高脂肪牛乳を指さして
    「こっちのほうが濃いから、こっちが美味しいよ」
    と、さらりと教えて去っていきました。

    その時、うら若きあの頃の私は、「濃い」という適格な言葉に衝撃を受けたんですね。

    私は、「乳脂肪」なんて言葉を使って、説明しようとしたんで、全然伝わらなくて…

    通りすがりの先輩主婦は、年配の女性が理解しやすい「濃い」という言葉を使って説明したので、すんなり理解できたようで、濃い方の高脂肪牛乳をカゴに入れたのでした。

    なんだか、ものすごく衝撃的な出来事でした。

    きっと、先輩主婦は、年配の方と話す機会が多いんだろうな。だから、的確に伝わる言葉が出てきたんだろうな。

    「私なんて、まだまだ若造だ!」

    を思ったことを、思い出したんです。

    その頃は、医療事務の講師を始めたところで、講師業のスタートの時期でもありました。

    人に何か伝えるということに、過敏に反応する時期でもあったのです。

    講師というのは、生徒さんに新しい学びを伝えていく仕事です。

    生徒さんにとっては、新しい言葉だらけの学びの中で、言葉を理解するだけでも大変。

    「説明をする時、専門用語は1つまで」と言われています。

    聞いている人は、知らない言葉を2つ以上並べられると、後の説明が頭に入ってこないんだそう。

    聞く人の背景に合わせて、言葉をチョイスして説明しなければ、伝えたいことは、伝わらないな、を実感した出来事でした。


    素敵な人と出逢うチャンス☆彡
    大人の女性の交流会】♪

    10月は26日を予定しています。

    初めての方も、
    リピートの方も、
    できるだけ仲良くなれるように
    お互いを知る時間をとって
    楽しんでいます(*^^*)

    まだまだお席、ご用意できますので
    タイミングの合う方!
    一緒に楽しみませんか?


    と、いうことで。。。

    「伝えるときは、伝わる言葉をチョイスすることが大事だな」

    と思ったというお話しでした(^O^)

    ではでは、またね(^_-)-☆