スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

プレゼンテーションが素晴らしいと謳われたスティーブ・ジョブズのプレゼン解析書です。
翻訳本ですので、言い回しはなんとなくしっくりいかなかったのですが、読み終わった後、書かれていた事を取り入れてプレゼンしてみたくなりました。(最近ではなかなかそういう機会もないのですが…笑)

技術系のプレゼンはとかく難しい言葉やお話が多いのですが、それではダメ。伝えたいことを解ってもらえるように伝えなければプレゼンの意味がない。

これまで、理解できないのは聞く側の自分が勉強不足だからだと思わざるをえない状況でしたが、最近はそうではないのですね。
プレゼンのノウハウを学習できる素晴らしい一冊だと思います。

プレゼンをする機会はなかなかありませんが、今後の仕事に応用できるかなと思いました。

コメントを残す